こどもたちの絵には、『開かれた』感を感じます。
とらわれのない、いきいきとした気持ちの表現。
建築も人生も開かれていきたいと思わせてくれる体験でした。